Scuti(スクーティー)のベトナムラボ型開発

90%以上のお客様がリピート利用!

スクーティーの
ベトナムラボ型開発

優秀なベトナム人エンジニアによる開発チームが、貴社プロジェクトを上流工程(要件定義・基本設計)から運用まで強力にサポート!

お申し込みはこちら

こんなことにお悩みではありませんか?

開発各社の開発部門、人事部門が頭を抱える深刻なIT人材不足

開発各社の開発部門、人事部門が頭を抱える深刻なIT人材不足…。

今、こんな悩みをお持ちの企業に「ベトナムラボ型開発」が注目されています。

今注目を集めるベトナムラボ型開発

ラボ型開発(ラボ契約)とは

ラボ型開発(ラボ契約)は、ある一定期間(半年~数年)に貴社専属のエンジニアを確保しプロジェクトを担当させられる契約です。

プロジェクトの度に人材をアサインしなければならない従来の受託型オフショア開発に比べて、優秀な人材を確保しやすい、ノウハウの蓄積がしやすいといった特徴があります。

ベトナムラボ型開発のメリット

国内のIT人材不足、及び、昨今のチャイナリスクの顕在化を契機として、今、親日で優秀なエンジニアの多いベトナムでのラボ型開発が人気を集めています。

メリット1

メリット1

優秀なエンジニアを
確保できる

ベトナムは国策としてエンジニア育成に力を入れており、現在エンジニア人口の多い国のひとつとなっています。

さらに、ラボ型開発では発注者が同じメンバーをアサインできるため、受託型のオフショア開発に比べて優秀なエンジニアを継続して確保しやすくなります。

メリット2

メリット2

日本語で
コミュニケーションできる

ベトナムには日本語の通じる人材が多く、日本語でのコミュニケーションも円滑に行うことができます。

メリット3

メリット3

出張・駐在・リモートワーク
にも便利

ベトナムは親日国であるため、現地メンバーと有効的な関係も作りやすいですし、また、 日本との時差が2時間程度のため、現地と日本間のリモートワークにも便利です。

また、日本からベトナムへは飛行機の直行便があり、フライト時間も6時間程度の ため、気軽に現地に行くことができます。

その他、食事が日本と同様の米中心の食文化であることや、家具一式が揃っている「サービスアパート」と呼ばれる賃貸物件が豊富なことから、中長期的な滞在にも困りません。



ベトナムラボ型開発をご検討中の方はスクーティーにご相談ください!

スクーティーのベトナムラボ型開発の特徴

お客様のサービス立ち上げをトータルでサポート

お客様のサービス立ち上げをトータルでサポート

実装とテストのみ担当する通常のオフショア開発企業と異なり、要件定義や基本設計といった上流工程から担当できます。

新規サービスやアプリケーションのゼロからの立ち上げも安心してお任せください。

日本で展開しているサービスをベトナムにローカライズして販売サポート

日本で展開しているサービスをベトナムにローカライズして販売サポート

スクーティーはソフトウェアの開発だけでなく、ベトナム国内でソフトウェアの販売を行えるビジネスライセンスを保有しています。

そのため、お客様が日本で展開しているサービスをベトナム語にローカライズし、それを販売する業務を請け負うことができます。

自動化した開発環境で高速・高品質を実現

自動化した開発環境で高速・高品質を実現

ソースコードの整形、静的解析、テストコード実行等をソースコードマージ時に実行し、ソースコードの品質を最適化する仕組みを構築しています。

また、複数の開発にてよく実装する機能は社内でライブラリ化し、ソースコードを自動生成するため、プロジェクト固有の機能の実装に注力でき、高速・高品質を実現できます。

日本法人同士でのご契約

日本法人同士でのご契約

ご契約は、日本法人である株式会社スクーティー(福岡市中央区)と、日本語のご契約書にて締結頂きます。

日本企業同士での契約となりますので、何らかの問題が発生した場合でも円滑なやりとりを行うことが可能です。

送金も、日本国内の銀行に日本円にて送金頂けます。



お客様側で技術的な要望や要件がわからない場合でもご安心ください。

ご要望をヒアリングしてしっかりとサービスを形にさせて頂きます。

開発手法の比較

評価項目開発手法 日本国内アウトソーシング ベトナムでのオフショア開発 日本国内での採用 スクーティーラボ型開発
品質
コスト ×
プロジェクト管理難易度 ×
(※)
チーム立ち上げ即時性 ×

※但し、人事面の管理が必要。

日本国内のアウトソーシング

日本国内のソフトウェア開発会社に開発を委託する方法です。日本語でコミュニケーションを取れるため業務は進めやすく、ある程度の品質は期待できることが多いのが特徴です。

ただし、価格はプログラマーの人月単価で80万円以上が相場で、安いとは言えません。

また、人手不足の企業が多く、発注できるまで半年待ちなどのケースもありえます。

ベトナムでのオフショア開発

ベトナム国内のローカルのオフショア開発企業に開発を委託する方法です。ベトナム国内にはたくさんのオフショア開発企業があります。

コミュニケーションは日本語を話せるベトナム人通訳か、ブリッジSEと呼ばれる、日本語を話せる技術者であることが一般的です。この場合、ネイティブ同士ではないため、どうしてもコミュニケーションギャップが生じます。

また、遠隔での業務になることと、日本とベトナムの管理方法の違いなどから、進捗や品質の管理は日本企業にとって非常に難易度の高いものになります。

日本国内での採用

日本国内で人材を採用し、自社で開発を行う方法です。勝手を知っているメンバーとの業務なので、プロジェクト管理上は最もやりやすい形態ですが、教育や人事評価など人事面の管理が必要となります。

また、日本全体でITエンジニアが不足しており、且つ、この不足が今後解消することはないため、即座にいい人材を採用することはかなり難しいというのが実状です。

スクーティーのラボ型開発

スクーティーのラボ型開発で開発を行う方法です。スクーティーのラボ型開発を導入すれば、国内でアウトソーシングする場合に比べて約30~40%のコスト削減が可能です。

また、スクーティーのラボ型開発では、コミュニケーションや品質の管理には必ず日本人が入るため、品質管理やコミュニケーション管理、プロジェクト管理が他のローカルオフショア企業にくらべて遥かに簡単です。



コストパフォーマンスの高い開発をお求めなら、スクーティーのラボ型開発をご検討ください!

価格の目安

スクーティーのラボ型開発におけるエンジニアの価格目安です。

1人月
$2,200~

価格はチームメンバーの役割やスキルレベル、契約期間等によって変動いたします。



価格の詳細につきましてはお問合せください。

対応可能な技術領域

スクーティーにて対応している主な技術領域をご紹介します。

プログラミング言語・フレームワーク

サーバー・OS・データベース

開発支援ツール

導入事例

株式会社アクセルエンターメディア様

当社としては、初のオフショア開発となりましたが、定例ミーティングでは毎回開発視点から多くの提案を頂き、期待を超えるパフォーマンスでした。
これにより、スピードは5倍以上、コストは70%以下でファンクラブサイトのリリースが実現できるようになりました。

  • PHP 7
  • Laravel
  • PHPUnit
  • MySQL
  • AWS
  • Jenkins
  • Slack

株式会社アールナイン様

日本では採用が非常に難しいレベルのエンジニアの方々でチームを組んで、ベンチャー企業でも独自のシステムを持つことが出来ました。

  • PHP 7
  • Laravel
  • PHPUnit
  • MySQL
  • AWS
  • Jenkins
  • Chatwork

株式会社イロコト様

開発コストを約50%削減できました。またツール機能各所の改善についても柔軟にご相談に応じて頂けることが非常にありがたいです。

  • PHP 7
  • Laravel
  • React
  • MySQL
  • AWS
  • Jenkins
  • Slack

株式会社yett様

Scuti社との連携は、オフショアに対する不安やイメージを良い意味で裏切ってくれました。

  • Ruby on Rails
  • RSpec
  • PostgreSQL
  • Docker
  • Slack


スクーティーのラボ型開発が貴社のプロジェクトをしっかりと形にいたします!

ラボ型開発のはじめ方

1.NDA(秘密保持契約)締結

チームの組成、及び、開発業務を実施するにあたって、貴社に最適なご提案をさせて頂くために、はじめにNDA(秘密保持契約書)の締結をさせて頂きます。

2.現状のシステム構成や必要なスキルセットの確認

開発業務を行うにあたって、現状のシステム構成や必要なスキルセットの確認をさせて頂きます。

※既存のアプリケーションの開発の場合は、ソースコードや、サーバーへのログイン情報などをご提供頂くこともございます。

3.チーム組成・ご契約

開発に携わるエンジニアのチームを組成し、ご契約頂きます。

リソースが空いている既存エンジニアからお選びいただくこともできますし、ご要望に応じて弊社側で新規にエンジニアを採用することも可能です。

4.キックオフ

ご契約完了次第、開発のスタートとなります。

ラボ型開発の成功の鍵は、いかに開発に関わるメンバー全員が同じ方向を向いてプロジェクトを進めることができるかにかかっています。そのため、1度はベトナムに足を運んで頂き、ビジネスのミッション、ビジョン、戦略などを直接語って頂きたいと思います。

よくある質問(FAQ)

どのように品質を管理されますか?

成果物の品質を高める最大のポイントは、お客様と弊社開発チーム間でいかに要件の認識を合わせられるかということと、ソースコードに対して求める品質の基準をいかに定量的に設けられるかどうかの二点です。

要件に関しては、通訳を通して「なぜその機能が必要なのか」も含めて徹底的に議論させていただきます。

お客様も同じ目標達成を目指すチームメンバーですので、この点はご協力頂くことになります。万が一通訳の日本語能力が追いつかなくても、日本人がサポートしますので、コミュニケーションに関してはご安心いただけます。

実装し終わったものは小さい機能ごとに開発環境に更新して、都度ご確認いただけるようになっていますので、大きく認識がずれるという心配もございません。

ソースコードに関しては、実装着手前に、コーディング規約や、テストコードのカバレッジ、静的解析、ソースコードレビューのプロセスなどを規定し、我々が守るべき基準を決めさせていただくことで、一定の水準を保つことをお約束いたします。

日本語でやりとりできる?

もちろん日本語でのやり取りは可能です。ソフトウェア開発プロジェクトでの経験豊富な通訳を介して、開発チームとコミュニケーションをとることができます。ご要望に応じて、英語でのコミュニケーションも可能です。

文化の違いで気をつけることはある?

「よしなにやる」「行間を読む」ということは基本的に日本人同士のコミュニケーションでしか成り立ちませんので、プロジェクト進行時のコミュニケーションは詳細まで確認させていただくことになります。

また、ベトナムには旧正月(テト)というものがあり、ベトナム人にとっては非常に重要な期間です。この間は休暇となり、業務を進めることはできないと思っていただいたほうがいいです。

重要なリリースなどは、なるべくテト期間を避ける必要がございます。

技術に詳しい担当者がいなくても大丈夫?

もしご担当者様がソフトウェア開発のプロセスに不慣れでも問題ございません。

我々の開発チームがサポートいたします。技術に詳しくない方にもご理解いただける形で、我々の要件の分析結果や、画面仕様をまとめさせていただき、それらに対して合意形成を取りながらプロジェクトを進める形になります。

プロジェクトのスケジュール管理はどうするのがいい?

オフショア開発における遅延の主な原因は、要件の認識相違によるものです。求めるものと違うものが出来上がり、作り直しが発生することによって、スケジュールの遅延が発生します。

そのような状況を起こさないために、弊社では、要件を頂いた段階で徹底的に議論し、認識のすり合わせを行います。

その時点で決めることができない機能があれば、機能を細分化し、決まっている部分から順次実装を進めて行き、できた機能から順次ご確認頂くことで、大きな認識相違を防ぎます。

お申し込み・無料相談フォーム

運営会社

会社名 株式会社スクーティー
所在地 福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階
代表 掛谷 知秀
設立 2015年11月25日
法人番号 1290001072067
主要取引銀行 福岡銀行/西日本シティ銀行


会社名 ScutiCo., Ltd.
所在地 6th Floor, AZ Lam Vienbuilding, 107 Nguyen PhongSac, CauGiay, Hanoi, Vietnam
代表 掛谷 知秀
設立 2015年11月20日
法人番号 0107083778
主要取引銀行 Vietcombank